オンラインプロ家庭教師が分析!2025年入試について

目次

受験者数は微減、史上最多の受験率を更新

今年度首都圏の公立小学校卒業生とは前年より約5,300人少ない約28万9,200人でした。5年連続で増えていた東京都をはじめ1都3県で減少しました。これに対し国私立の中学受験者数は過去最多の約5万2400人。受験率は18.1%と過去最多となりました。

コロナ禍でも臨機応変に対応できた私立中学への評価が高まったことも影響したのでしょう。小学校中学年から準備をし続けた受験生も増えたように見えます。大学合格実績の高い難関上位校を目指すより「面倒見の良い学校」や「時代の変化に対応できる学校」を選ぶご家庭も増えています。受験生の増加で激戦化する上位校より,入学時の難易度は高くないのに進学実績の良い「お買い得ある中堅私立中学」も人気を集め続けています。

2024年度の入試の傾向

チャレンジ志向が強く一定の合格難易度を下回ると応募者が少なくなる傾向が以前はありました。しかしここ数年は上位校より中堅校での応募者増が多く見られます。成績上位生でも桜蔭女子学院・開成・麻布などの御三家や難関大学付属校に合格しながら渋谷教育学園幕張や渋谷教育学園渋谷、豊島岡女子学園、広尾学園、三田国際学園などに進学するケースが増えています。

2024年開校した開智所沢中等教育学校の応募者数は7,968人、首都圏全体で今年も1位だった栄東の14,016人、新校との相乗効果で3,500人近く、応募者を増やした開智の8,067人に次ぐ多さです。新校舎が東所沢駅から徒歩圏内にあることにより、都内からも多数の応募者を集めています。

開智と開智所沢は同じ入試で両校を志願でき何回受けても受験料は同じでした。

東京・神奈川・千葉に先駆けて、1月10日から始まる埼玉県内私立中学入試では模擬試験代わりに受験するケースも多い分、規模の大きい入試が行われています。2024年も応募総数では埼玉栄の5,431人、大宮開成の4,878人と上位5校を埼玉勢が占めています。埼玉栄はトップの栄東と両方出願すると受験料が安くなるパック入試も行っていますが今年は同校を単独で志願する受験生が増え順位を上げています。都内で最も応募者を集めたのは男子校の東京都市大付の3.373人でした。2月1日午前に参入して2年めで応募者を384人減らし都内トップに返り咲きました。1月20日から始まる千葉県内私立中学入試では2月1日からの東京・神奈l11での入試に備えコロナ感染リスクを避ける動きがありましたが, 2024年度は応募者が戻ってきました。応募総数7位の市川、 8位の東邦大付東邦は昨年より少し減っていますが渋谷教育学園幕張、国府台女子学院、昭和学院秀英昭和学院,二松学舎大柏、流通経済大付柏、芝浦工業大学柏,光英VERITASなどが応募者を増やしました。

2025年の入試傾向

前年、応募者数が戻ってきた難関校では応募者の減少傾向が見られました。ただしチャレンジ層が減少しただけで、難度は下がっていません。通学圏を拡大した筑波大付属駒場では前年に続き応募者数を増やしましたが合格者自体も増えたようです。2025年度入試も難関校は敬遠傾向、中堅上位校の人気は続くと思われます。

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次