<中学校の選び方>スクールカラー・教育内容はどう?

目次

自由なスクールカラーをもつ私立校

私立中学は一般的に,公立中学と比べ自由な気風が感じられます。また,高校入試がないことから,生徒たちにも精神的なゆとりが生まれます。学校によっては,幼稚園から大学までがキャンパスを共有し,おおらかな環境で学生生活を楽しんでいるところもあります。しかし,私立校が生徒の自由を尊重するのは,生徒を責任ある一人の人間として扱う
ということで,生徒の負う自覚と責任は,たいへん大きなものになります。進学校では,大学入試に大きな目標をおい
たカリキュラム・指導体制になっています。しかし,これらの学校側の指導も, 自分で目標に向かって努力しないことには何も身につきません。もちろん, さまざまなクラブ・課外活動や行事などが学校生活を彩っています。付属校では,概して進学校などに比べ,勉強の指導がさほど厳しくないといえそうです。生徒たちは,クラブ活動や課外活動に積極的に参加する余裕もあり,幅広い学習の場になっています。ただし,勉強がなおざりになってしまっては,大学進学に支障をきたします。大学への推薦に漏れてしまったり,希望の学部に進めなかったりします。

共学校・男子校•女子校の校風

首都圏の私立中学を男女別に分けると,共学または男女別(クラスや校舎などで男女が区別されている) 56%, 男子校14%, 女子校30%となります。共学かそうでないかによって,学校の雰囲気はまったく違ってきます。
●共学校
男女に平等な教育機会を施すことを前提とし,学習の場で「相互理解」を深める配慮もとられています。共学校には,男子校・女子校に比べて歴史の新しい学校が多く,現代的な印象があります。また近年は共学校の人気の高まりを受けて,男子校や女子校から共学校へ移行する動きもあります。
●男子校
「質実剛健」を旨とし,勉学に,運動に,バランスのとれた生徒の育成を教育方針としている学校が多いようです。男子校らしく,勉強にも課外活動にも徹底した指導が行われ,生徒の自主的な姿勢を培っています。男子校には,高い大学進学実績をほこる伝統校が多くあります。
●女子校
女性の創立者やミッション系の学校が多く,礼節を重んじて,「誠実・勤勉・友愛」などを校訓にし,女性の特質をより豊かに育てることを方針にしているところが少なくありません。また英語教育に特色をもった学校も多く,そこではネイティブ教師による授業や,CALL教室の活用など,充実したカリキ
ュラムが組まれています。

大学進学に強い中•高一貫教育とは

中・高一貫教育を行っている私学では,高校受験という負担がないため, 6年間を考慮した合理的で,効率のよいカリキュラムを編成しています。

1 中学から高校へと重複する課程を省き,5年間で6年分の課程を修了させ,残る1年間を大学受験対策にあてる。
2 主要教科の授業時間数を増やす。
以上のような特徴あるカリキュラムに加えて,習熟度別,少人数クラス編成,充実した教育機器や施設の使用が可能で,大学入試に高い実績をほこっています。

クラフ活動•課外活動も活発

中学・高校の6年間は,子供にとって心身ともに大きく成長する時期です。その多感な時期にさまざまな経験を通して,豊かな人格を作るため,勉強のみならず多くのものを吸収してほしいものです。学校では課外授業やクラブ活動などにも力を入れています。学校行事で最大の盛り上がりが見られるのは,体育祭・文化祭です。生徒たちの自主性を尊重する学校では, こうした行事は生徒たちに運営を任せています。また,修学旅行や校外学習などは生徒たちがもっとも楽しみにしている行事です。私立では中学校から語学学習の一環として,海外研修を実施しているところも数多くあります。

クラブ活動は, 中学・高校と合同で活動を行っている学校もあります。高校生からクラブ活動のみならず勉強面やその他のことについても適切なアドバイスをうけ,親密な交流ができる利点があります。体育系では野球,サッカー,テニスなどが人気です。学校により伝統的に活発なクラブが多くあります。また,文化系ではコンピュータを勉強するクラ
ブが増え,工学部や理学部の強い大学の付属校などでは,指導者も機器も一流です。女子は伝統的な華道・茶道に加え,情報教育や国際感覚をみがくため,音楽・美術部や語学部などにも幅広く活動しています。

宗教教育はどのように?

キリスト教のミッション系や仏教系の私立中学では宗教教育を行っているところがあります。聖書に関する授業や道徳・宗教を学ぶ授業があり,宗教行事が取り入れられていますがその信仰を強制するものではありません。宗教や宗派にかかわりのない家庭のお子さんも多く入学しています。ミッション系の学校では語学教育に比重をおいているのが特色です。また,英語のほかに第二外国語として,フランス語などを履修できる学校もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次