受験情報を的確に得るには?

中学入試は学力一発勝負。そんな厳しい試験を、有利に導くのが受験情報です。情報を的確に判断することが、明暗を分けることにもなります。中学入試に関する受験情報は大きく分けて、学校情報と入試情報があります。

目次

学校情報

子供たちが受験する中学・高校についての情報です。沿革から教育方針や特色,学校の施設大学への進学状況など,その学校がどんな学校であるのか理解するためのものです。学校案内などに書かれている情報に加え,塾や通学している生徒などからも生の評判を聞くとよいでしょう。

入試情報

ある中学校の入試難易度がどれほどか,偏差値いくつで合格の可能性が何%かなど,各中学の入試の傾向を分析したものです。競合する他の中学との関係で,入試難易度は毎年変化します。また併願のパターン,出題傾向,入試問題の分析結果なども貴重な情報といえます。

エスペランサアカデミーを活用するメリット

入学試験を行ったが,募集定員に満たなかった学校では,急きょ二次募集を行うことがあります。そんな公表されない
入試の情報は, まずエスペランサアカデミーのような塾に入ってきます。それまで,入学する学校が決まっていなかったお子さんは,このチャンスにふたたび挑戦できるのです。こんな情報は塾ならではのものです。エスペランサアカデミーがもっているさまざまな情報をお子さんの進学に生かせるよう努力しています。プロ講師集団エスペランサアカデミーのアドバイスを頼りにしてください。

●情報の分析が合格をもたらす


将来の大学入試を見すえ,入試科目は国語・算数・社会・理科の4科か,国語・算数に社会・理科を加えた2 科• 4科選択が主流で,英語を選択できる入試も増えています。配点も見逃せないポイントです。4科型入試では国語・算数が各100点,社会・理科が各50点のように, 4科目均等でない学校もあります。この場合,お子さんが配点の高い科目が得意であればより有利といえます。また,各学校の試験日の重なりぐあいによって,その年の倍率や難易度が左右されることがあります。そうした入試の動向を読み,併願校選択に役立てれば強い味方となります。

●エスペランサアカデミーを活用しよう!

このように入試に直結した情報は,貴重なものです。学校情報と違って入試情報では,専門家であるエスペランサアカデミーのプロ講師による分析・指導を必要とします。そこで中学受験を考えた時点から志望校をエスペランサアカデミーに伝え,緊密な協力体制を作ることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次