【学校紹介】学習院中等科

広いグラウンドと風格ある校舎。他大学への進学者も多数。

目次

授業

大学までの一貫教育を前提に,中等科は高等科との関連を考慮し,精選された内容のカリキュラムを編成している。数学・英語は少人数制(約20名)の授業を実施し,きめ細かく指導する。特に英語は外国人教師が会話指導にあたり,マルチメディア教室の活用とあわせて「聞く・話す」力を養う。国語は作文やスピーチなど表現能力の育成に重点をおく。理科・社会は分野別に専門の教師が担当し充実した授業を展開する。また,中1で一人1台のパソコンを使った情報関連業があるのも特色。高等科では大学進学のみならず,大学教育の中でさらに向上心をもって成長していくための学力の養成を主眼とする。高2から幅広い選択科目を設定。第2外国語(ドイツ語・フランス語・中国語)を学ぶこともできる。高3では約40もの選択科目が設けられ,数学演習などの受験対策講座もある。

海外研修

中2の春休みに,9泊10日のニュージーランド海外短期研修を実施(希望者) 。現地校の授業に参加し,ホームステイを体験する。また,アメリカ・メリーランド州のセントポール校と交換留学を行っており高等科から最大2名が1年間派遣される。国際交流支援団体のあっせんで長期留学する者もいる。

入試情報

2023年は,第1回の応募者数・受験者数は前年より減少。第2回は例年合格者数を絞るため高倍率となる。科目ごとの出題傾向や,出題者の出題意図を理解して準備を進め,入試当日は,問題文をよく読み,趣旨にあった答案を書けるようにしておこう。読書や時事問題への関心をもつことなど生活習慣として身につけることも大切。

*試験時間・満点
国算各50分・100点,社理各40分. 80点
*合格最低点①249点, ②262点
■出願時に必要な提出書類(調査書等)⇒なし

偏差値

首都圏模試66

四谷大塚56

その他

[系列大学への進学]
高3次に行われる推薦のための実カテストの成績,平素の学習状況などの条件を満たした者が学習院大学へ推薦される。2022年3月には,法学部へ41名,経済学部へ32名,文学部へ14名,理学部へ9名,国際社会科学部へ22名の計118名が推薦で進学した。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次