家庭教師は中学受験に必要なのか

結論として、子供の学習状況と志望校によります。

例えば、偏差値60の子が偏差値55の中学に行くことは家庭教師の力を借りなくても充分可能でしょう。一方で、国語の苦手な子の第一志望の学校が国語の配点が高く設定されていたり、SAPIX・四谷大塚・早稲田アカデミーなどの大手集団塾のクラス分けテストでいい結果が出ていない場合は家庭教師を活用することを強くおすすめします。

ここでは家庭教師をつけるべき3つのケースと家庭教師をつけるメリット4つをご紹介します。該当する方は今すぐ家庭教師をつけましょう!

家庭教師をつけるべきケース

目次

苦手な科目(伸び悩んでいる科目)があるとき

塾や学校についていけていないとき

受験勉強を始めるのが遅かったとき

中学受験で家庭教師をつけるメリット

子どもに合わせた学習カリキュラムで無理なく進められる

苦手な科目を集中的に学習できる

保護者との連携が密

オンラインプロ家庭教師エスペランサアカデミーでは、現在プロ家庭教師による無料受験相談・分析を実施しておりますのでこの機会に一度ご相談ください。

エスペランサアカデミーは全員がプロ家庭教師で構成され、難関中学への豊富な合格実績があり多大な指導経験がございます。保護者面談や授業報告を通して保護者とも密に連携し、お子様の難関中学合格を勝ち取ります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次